返品をうまく使い換金率を高める

クレジットカードの現金化の方法として、商品を購入して売却する方法ではないほかの方法も存在します。 

商品を売却すると、どうしても換金率という問題も出ますし、クレジットカードの金利の問題も出てきますが、この方法にはそうした問題も最小限にすることができる方法です。

ただし、乱用すると利用を停止されてしまう可能性がありますので注意もしなければいけません。

 

その方法とは、返品を使うことです。

商品を購入し、返品をすることにより、現金にしてもらうことができれば、換金率は100%になるでしょう。

しかし、そのまま返品したのではうまくはいかないものなのです。

 

条件の一つとして、その日に返品してはいけないということがあります。

商品をクレジットカードで購入し、その日に返品すると、取り消し処理を行うことになるのです。

つまり、現金は戻ってくるわけではなく、取引自体を取り消すということになってしまいます。

これでは意味がないでしょう。

 

そこで、次の日以降に返品することが重要です。

こうすることで、クレジットは処理されてしまい、取り消しができなくなります。

ですが、どんな時でも返品に応じてくれるわけではありませんので、いつでも使える方法であるとは限りません。

高額な商品だからこそ、問題があった場合にしか返品は受け付けないでしょう。

買ってみたら、実は持っていたというような場合にでも、返品に応じる可能性があります。

 

もちろん何度も繰り返せる方法ではありません。

方法としては、一応使うことができる程度にしておくといいでしょう。

 

参考サイト:http://www.ccg.link/


タグ :